JICAシニア海外ボランティアに挑戦しています

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアボランティア 一次応募まで

JICAシニアボランティア 平成23年度JICAボランティア春募集の日程

JICAシニアボランティア 平成23年度JICAボランティア春募集の日程です。


今回の募集に当たり案内および申込書を入手しました。

すでに震災前に用意された資料に加え訂正事項の書類と新しくなった「JICAボランティア」の冊子がありました。
この「JICAボランティア」の冊子は非常にわかりやすくなったと思います。

「JICAシニア海外ボランティア 平成23年度春募集」の変更された日程です。


  • 募集期間:5/2(月)~6/13(月)

  • 体験談&説明会:
    http://www.jica.go.jp/volunteer/application/senior/seminar/

  • 一次選考合否通知:7/14(木)

  • 二次選考:7/27(水)~7/29(金)

  • 二次選考合否通知:8/25(木)


また詳細はこちらです
http://www.jica.go.jp/volunteer/application/senior/sv/require/

青年海外協力隊の詳細はこちらです。
http://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/


追記(2011/4/28)
今回の資料を見て感じたことですが、「国別現地生活費・居住費一覧表」がありませんでした。
仕分けにより削減されるとの噂があったので心配な部分です。
ただし「JICAボランティア」によると「1ヶ月570~1,300米ドル程度」と記載があり、これを前回の資料にある「国別現地生活費・居住費一覧表」と比較しますとほぼ一致していますので変更はないかもしれません。
国内積立金については見あたりませんでした、また家族随伴の現地生活費は減額されたかもしれません。
これは前回資料によると「現地生活費X75%」とありましたが今回資料によりますと「現地生活費の3分の2」とあります、これを鵜呑みにすれば75%→66%となるのではないでしょうか。

国内積立金についてはこの制度が無くなってしまうまたは大幅に減額されますとJICAボランティアに参加出来ないケースも多々あるのではないでしょうか、私も状況によっては厳しくなるかもしれません。

後日問い合わせてみたいと思います。


追記(2011/06/10)
JICAシニアボランティアの待遇についてわかった事があります。

「国別現地生活費・居住費一覧表」
これについてはほぼ変更はないようです。


「家族随伴の現地生活費」
これについては減額です、「現地生活費の3分の2」ということのようです。
この変更は大きなものではありませんが、家族随伴ができる事は健康面およびメンタルに非常にメリットがあります。また危険な地域においてはある意味リスクも増えるように思いますが、家族がいる分自重することでよりカバーできるのではないでしょうか、JICAボランティアの意義のひとつに「友好親善・相互理解」というものがありますがこれにも大きく寄与すると考えています。
そして帰国後の社会へ還元するという事も同様に考えています、そのように家族とも話をしています。
家族随伴の条件が悪いほうへ変更されるとだんだん家族随伴も困難になり、場合によっては参加そのものが難しくなるケースも出るのではないでしょうか。


「国内積立金」
これについては減額です、10万円から5.5万円に変更されたようです。
利益を求めて参加するのではありませんが、本当の意味で経済的余力がない人には参加が厳しくなりました。
志があり、スキルもあり、人格も十分であっても経済的な余裕がない人は躊躇するでしょう。
私も大変厳しい状況といえます、赴任が決まった後この条件をさらに両親や親戚等にも説得させるのはまた一苦労です。
この待遇は、子供も自立し十分に老後の経済も確保した退職者に分があるといえるのではないでしょうか。
帰国後の再就職等が容易ではないとされるこの活動ではこの積立金が非常に重要な部分と思っていますが、その分の経済も確保してから参加準備としなければこの活動への参加はより困難になり、国民参加型の門は狭くなったと感じています。


Comment

福島

秋募集で派遣が決まった方々の研修は何処でなされたのでしょうか?
この春募集の場合の研修場所は何処になるのでしょうか?
もし情報をお持ちの方がおられましたら教えていただけないでしょうか?
個人的に原発事故から距離を置きたいと考えております。

No title

駒ヶ根はそのままですが、二本松は避難所に使われているので、訓練は大阪で行われるようです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

情報ありがとうございました。
そうでしたか、福島から大阪に変更されるのですね。
さて、SVの待遇や他の条件がいよいよ厳しくなりそうですね。
応募者はかなり減るのではないでしょうか。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
プロフィール

silverlynx

Author:silverlynx
JICAシニアボランティアに初挑戦!
silverlinx 45歳 46歳♂ここらでまた、大きく舵を動かす、 つもり・・

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。